This page:自動車メンテナンスDIY9 TOP > 車のDIY整備を始める前に > 工具・機器揃え方と使い方

工具・機器揃え方と使い方

工具・機器がなければ始められませんが最低限必要な物、便利な物の解説

スポンサードリンク

基本工具の揃え方

自動車DIY整備における必要な工具の揃え方に関して。どのように揃えればいいのか?

■整備における基本的な工具

必要最低限な工具を事前に揃えておくか、必要になったときに買い足すような形で工具を増やしておくかは自由ですが、後者の必要な工具を買い足していく方法は実は合理的なようで、そうでもなかったりします。

使用頻度が低くても、その工具が無いとどうにも作業ができない場合という場面はいくらでもありますし、たったそのためだけに工具を購入しなければならないというのもDIYならではという諦めができないと、とてもではありませんがDIY整備の世界には入っていけません。

買い足しがなぜ合理的ではないかといいますと、まず工具が無いことによって作業を中断する時間は非常にもったいないです。その工具を探しにいく、購入しに行くのもまた楽しみというならそれもまた有りですが(笑)作業は一連をつなげて行ったほうがミスなども無くなり効率がいいことは確かです。

またセット工具に比べて単品購入は非常に高価になってしまいます。セット点数が多いものほどその傾向にあり、セット工具のほうが値引率もいいので買い方によっては2倍くらいの差が出てしまい結局のところセット工具を購入しておけば時間もお金も節約できた上に工具点数もきれいに揃えられたのに・・・というケースがほとんどです。

とココに書いている私がDIYで整備を始めたときにまさにその状態でしたので、このHPを読んでいる皆さんが後悔しないように書いておきました。始めた当初は今ほどインターネットで情報収集ができませんでしたし、通信販売でセット工具を激安で購入するという頭もありませんでしたから仕方が無かったのですが。

一番無難な揃え方はセット工具

価格的にも工具点数の充実度としても最も無難で充実しているのが工具のフルセットです。有名なところでフルセットといえばKTC、シグネット、TONEなどからフルセットの工具が販売されており、インターネットなどで割引販売されています。(→入り組み数は各メーカーで異なるKTCフルセット工具TONEフルセットシグネットフルセット

ホームセンターなどでも様々な入り組みのセットが販売されていますが、上記工具メーカーのフルセットの充実度に比べると品質や点数がともに落ちます。ホームセンターの工具セットでは工具が錆びるようなものも結構ありますので、最低でもセット以外のコーナーで1点ものでも売られているメーカーのセット物を購入しましょう。

部分セットで工具購入が合理的か?

フルセット工具は確かに工具点数も充実しており割安になっていますが、DIYでは行われる作業が限られているため、場合によっては使わない工具が多くなってしまうのも事実だと思います。

ということでよく使う工具を絞り込んで部分的なセット購入をするという手法が、ある意味最も合理的かつ経済的かもしれません。たとえばラチェットレンチとソケットレンチのセットは使用頻度が高い工具なのでこれらはソケットレンチ&ラチェットセットで購入。

コンビネーションメガネもよく使うのでセットで、STプライヤー、ノングノーズプライヤー、ウォーターポンププライヤーも使用頻度が低いものの無いと困るものですし3点だと割安だったので購入。という具合です。

と言う私は実はこの買い方をしていたのですが、フルセットに近い内容の物を買い揃えた上にプラスして多数の工具を購入していますのでフルセットを基本に買い足した方が安上がりだったのに・・・と後悔しています。

1つのメーカーにこだわりたくないのであればこの買い方が最もいいと思います。そもそも私も色々なメーカーの物を使いたかった為、この買い方をしました。

必要時にその場購入

DIY応援としてこのHPが存在するので非推奨です。何より作業の中断がミスや時間をロスさせてモチベーションも下がりますし、何とかしようと工夫して工具を使おうとして工具や対象物を壊してしまうという原因です。

時間にゆとりが十分に有るならばいいと思いますが、基本の工具くらいは一通り揃えておいて、特殊工具等は無い時に買いに行く。というくらいが適切だと思います。

無い位だったら安いホームセンター工具でも持っていたほうが何らかの役には立つと思います。

edit