This page:自動車メンテナンスDIY9 TOP > 車のDIY整備を始める前に > DIY入門と遵守事項など > DIYメンテナンスを始める前に

DIYメンテナンスを始める前に


スポンサードリンク

当サイト自動車メンテナンスDIYの概要、ご利用に当たっての注意点に関して

■サイト概要

当サイトは素人がDIYで車をメンテナンスするために参考となる自動車メンテナンスの知識や、故障・整備事例などを公開する整備士が運営するサイトです。

素人の為に・・・と言うことですが決して素人向けに公開しているわけでもなく、自分自身が悩みに悩んだ整備の結果等もありますのでこれから整備士を目指す方、一般の整備士の方の参考にも少なからずなるであろう内容であると思います。

管理人が整備した時の記録や勉強したときのメモが元となっていますので、すべてが正しい情報とは限りませんので、情報の取捨選択件は閲覧者様にお任せするとして、作業について発生した事故・怪我・損害は一切責任を負いかねますのでご了承願います。

■DIY整備と言う責任と危険性

上でも書きましたが、DIY作業について発生した事故・怪我・損害は作業したユーザーの責任となります。これは自動車メンテナンスに限った事では無く、全般に言えることです。

例えば家電製品を修理しようとして感電、もしくは破損させてしまった場合・・・、作ったウッドデッキのデッキが陥落した場合、これらをDIYで行ったときの責任は?

もちろん作業した本人になります。すべての製品には自己にて分解修理を行った場合におきた損害の責任は負わないということが明記されていますので、保障が有効な製品の分解等は出来るだけ行わないようにしましょう。

DIYは楽しくて、時に経済的負担を大きく軽減させることが出来る非常に有意義な趣味でありますが、同時に事故・怪我などの責任を自分で負わなければならないということを十分に認識しておきましょう。

■それでもDIYメンテナンスは楽しい!

上では自己責任だ何だと書かせていただきましたが、もとより失敗は付き物で失敗が怖くてDIYなんて出来ませんし、嫌ならやろうとも思わないでしょう。

自分で作業することの楽しみ、完成したときの充実感は何にも代えがたくまさに「プライスレス」ですが、比較的難易度の高いDIY作業が出来るようになってくれば「プライスレス」+「バリュー」が付いてきます。

すなわちその作業自体に価値が付いてきます。要は経済的負担を減らすことが出来ますので、ここまでくればセミプロですね。実は好きなことだけやっていれば、セミプロレベルまで到達するのにそう時間は掛かりません。

私はそんな楽しみを持っているユーザーサイドに情報をフィードバックする役目をさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

・・・ところでDIYって?と言う方はDIYってなに?をお読みください。