This page:自動車メンテナンスDIY9 TOP > 自動車メンテナンスの知識 > エンジンオイル徹底解説 > エンジンオイルの役割

エンジンオイルの役割


スポンサードリンク

自動車に無くてはならない重要な油脂であるエンジンオイルの役割

エンジンオイルとは

自動車は数万点の部品と約10数種類程度の油脂類で構成されていますが、油脂類の中でもユーザーが最も気にしてメンテナンスしなければいけないものがエンジンオイルであり重要な役割を持っています。

メンテナンスを行わなければ最初の内は燃費の悪化や出力低下等の症状が出てきて、次にエンジンの異音などが出てきますが、その時点ではすでに遅く、そのまま使用し続けるとエンジンが焼きついて破損してしまい走行不能になる恐れがあります。

そこでエンジンオイルがどういった役割を持っているか簡単に理解しておきましょう。DIYメンテナンスの入門であるエンジンオイル交換の意味が分かるかと思います。

1 潤滑作用

主作用であり基本の役割ですが、エンジンは高熱にさらされながら金属のシリンダー(筒)の中をピストンが猛スピードで往復運動します。このためピストンとシリンダーの壁面に油膜を作って潤滑する必要があります。

2 防錆作用

エンジン内部は密閉されているようでシビアな環境です、最近はアルミエンジンブロックが主流ですがアルミも錆びますし、鋳鉄を使っている部品もエンジン内部には多いので錆びる部品自体も多いのです。

しかも外気のみならず、内部で発生する結露の水分や強酸物質で錆が促進される環境から強力に、なおかつ長期間ガードしなければいけません。

3 密封作用

潤滑作用と一石二鳥的な役割を兼ねていますが壁面に一定の厚さの油膜を保持し続けることによって圧縮時の圧力抜けや燃焼時のシリンダー内への吹き抜けを最小限にする役割を持っています。

4 清浄作用

清浄分散作用とも言われます。エンジン内部では様々な条件下で燃焼が繰り返されます。特にディーゼルエンジンや直噴エンジンでは燃焼の特性上「煤」が発生しやすくエンジンオイルが汚れやすくなります。

このような煤などが塊になって潤滑などの他の作用を邪魔しないようにエンジンオイル内に溶かし込んで清浄分散させて機能を維持する役割も持っています。

5 冷却作用

キンキンに熱くなって放熱に悪影響を持っているのでは?と思われてしまいそうですが逆に燃焼時の熱を燃焼室に接するシリンダーやピストンから熱を奪って巡回冷却しています。(オイルクーラーが付いている車種も存在します)

6 酸中和作用

燃焼時には燃料中に含まれている硫黄の関係などから強酸性物質である硫化物が生成されることがあり、未燃焼ガスであるブローバイガスなどにも強酸性物質が含まれています。

これらがエンジンオイル中に混入してしまうとエンジンオイルの酸性化が進み潤滑部分を酸化させてしまいますが、それを防ぐために酸化防止・酸中和作用を持たせてあります

そのほかにも要求される性能はたくさん

近年のエンジンオイルは要求が高くなってきており、最近では「環境性能」が求められており、これはすなわち省燃費への対応であり省燃費エンジンオイルなるものが現在メーカー出荷時の標準エンジンオイルになりつつあるなどの動きが盛んです。

このほかには泡立ち防止、ディーゼルではせん断安定性能などが重視されます。