This page:自動車メンテナンスDIY9 TOP > 自動車メンテナンスの知識 > 自動車バッテリーの解説 > カーバッテリーに起因する不具合

カーバッテリーに起因する不具合


スポンサードリンク

バッテリー上がり、初期化現象など自動車バッテリーに関連する不具合など

バッテリーに起因する不具合の一例

現在はバッテリーに関するメンテナンスはMF(メンテナンスフリー)バッテリーの普及によってほとんど必要としなくなりました。しかしながら目視による点検によって不具合が判明する場合もありますので不具合の例をあげておきます

バッテリー上り

バッテリーが弱く始動に必要な電力が得られないとエンジンを始動することはできません。自動車の路上トラブル第一位は毎年、大抵バッテリーのトラブルと決まっているほどなのでバッテリー上がりには十分注意してください。

原因として使用者の過失でルームランプ消し忘れなどがあった場合は完全放電する可能性があり、そうなってしまった場合はワイヤレスドアロックすら効かなくなってしまいます。

最近ではキーホルダーのようなタイプのキーがホルダーの中に隠れた構造のものがありますので、あせって開かないと思わず鍵穴で開ける方法を取りましょう。近年ワイヤレスに依存するあまりに鍵穴で回すという考えが欠落しての相談が多いです。

コンピューター制御式電装品の初期化

最近の自動車で非常にわずらわしいのがバッテリー上がりの中でもライトの消し忘れなどで完全放電してしまった場合にはコンピューター制御や故障診断システムと通信を行っているシステムでは初期化が必要になる場合があります。

例えばフルオート式のパワーウィンドウやパワードア、ナビゲーションのバックガイドモニターや、駐車アシスト機能が効かなくなる、エンジン系では今までの学習値の消去によるエンジン回転数の変化などが挙げられます。

ナビゲーションやボディー関連の初期化については焦らず車やナビゲーションの説明書を見ると解決することが多いので一度説明書を読んでみると良いかと思います。

電子制御式トランスミッションや、エンジンCPUの学習値については、最初は不調であっても走っているうちに自然に治ってしまう(学習値付近に戻る)事が多いですが、車によってはリセットの方法などが独自に設定されていたりするので取り扱いのディーラーに持ち込んだ方が良い場合も有ります。

液漏れによるエンジンルーム腐食

これは使用者の過失やメンテナンス不良によっておきる現象ではなく、バッテリー本体の不具合や取り付け者の締め過ぎなどが原因となって起こる不具合です。取り付け者のオーバートルクによる過失割合が多いような気がしますが、何とも言えません。

特に液補充不要のメンテナンスフリー(MF)バッテリーのタイプにこの様な不具合が多く、密閉されている上蓋の継ぎ目からにじみ出てしまうと言う不具合です。他にはMFバッテリーに限らずターミナルから噴出す不具合があります。

バッテリー液は希硫酸ですので、ターミナルを腐食させて接触抵抗を過大にしたり、エンジンルーム内に漏れ出しますと液が付いた部分を腐食・酸化させてボロボロにしてしまいます。こうなってしまうと厄介なのでこうなる前に前兆の段階で点検にて発見することが重要です。

現在は少ない爆発事故

今は少なくなりましたが以前のアンチモン使用タイプのバッテリーは液減りが現在のバッテリーよりはるかに早く、バッテリーのメンテナンスにおいてはバッテリー補充液の補充作業が必須でした。

そんな時代には極板が液に浸っていない状態でか充電電流が流れ続けて加熱、爆発炎上という事故も実際に起きていました。

現在の主流はカルシウムタイプで液補充のいらない密閉式=MFバッテリーが主流になっていますので、バッテリーの液減りよる爆発事故は全く耳にしなくなってしまいました。ただし前述したとおりMFバッテリーも液漏れによって減少することはありますので液漏れの点検はする必要があります。

事故等の二次災害

路上でのバッテリー上がりに多い二次災害の事故は意外と多発しており、エンジンが掛からなくなり慌てて降りたところを跳ねられてしまったり、救済する為に止まった車が追突されたりと言うパターンが多いようです。

バッテリーが路上で上がってしまったら自分ではどうすることも出来ません。周りの車に助けを求めるのも路上では非常に迷惑な行為となりますので状況を見て行動しましょう。近くのガソリンスタンドやディーラーまで歩いて救援を求めるかJAFなどのロードサービスを利用しましょう。

意外と忘れられている自分が加入している任意自動車保険にロードサービスが付加されているケースも最近では少なくありません。利用できるものはキッチリ利用しましょう。