This page:自動車メンテナンスDIY9 TOP > 車の異音・振動 > エンジンルーム異音 > エンジンノッキング異音の修理・対策

エンジンノッキング異音の修理・対策


スポンサードリンク

走行中のエンジンから「ガリガリ」「ガラガラ」と音を発生させるノッキング音の低減対策。

■オクタン価の適正化でノッキング防止

ノッキングはエンジンにダメージを与える異音なので、応急的にしても恒久的にしても何らかの対策を早めに講じることが大切です。以下を参考にしてください。

1,ハイオク指定車にはハイオクガソリン

ハイオクガソリン指定車にレギュラーガソリンを入れている場合はノッキング音が激しくなる場合がありますので必ず指定されたハイオクガソリンを入れるようにしましょう。

2,オクタン価とノッキング

オクタン価とはノッキングを起こしにくいほど(アンチノック性)高い数値で示されハイオクは96以上と定められており、ハイオク指定されている車は高圧縮比でノッキングが起き易かったりと、それなりの理由があります。

一部ではハイオク指定車にレギュラーガソリンを使用してもまったく問題がないとの情報を見たことがありますが、実際何千台と整備をしてきた中で燃料の不良によるノッキングは少なくありませんでした。気が付いていないノッキングも結構あるのです。

3,添加剤でオクタン価を上げる

ハイオクガソリンを使用しており、さらにアンチノック性さらにオクタン価を上げたい場合は燃料添加剤を使用するという手もあります。

ハイパフォーマンスな燃料添加剤を選びたいのならNOS オクタンブースターレーシングフォーミュラなどが私の知っている中では評判が高い商品です。

もうワンランク落として燃料添加剤を選ぶならNOS オクタンブースター・ストリートフォーミュラでも効果は十分かと思います。レーシングのほうにはニトロメタンが入っていますのでアンチノック性が高くなっています。

以上の燃料添加剤はアンチノック性を高めてノッキングを防止するのにお客様の評価が高かったものですので参考までに。

また燃料添加剤による解決は車両に異常がありノッキングが起きている場合ではなくエンジンの負荷が大きい使用状態が多いのでノッキングを抑えたいという場合に使用しましょう(例えばスポーツ走行の使用)

原因がある場合は燃料添加剤は根本的な解決はしないということです。レギュラーガソリンからオクタン価を上げるなら燃料添加剤の使用よりもハイオクに変えてみたほうが効果的です。

点火性能を確実にしてノッキング防止

点火タイミングのずれはノッキングの原因となりますが点火されてから火炎伝播するまでの火炎核の広がり方にも深く関係しています。火炎核の安定するイリジウムプラグの使用をオススメします。

今やイリジウムプラグは高性能エンジンに標準装備されるまで普及しています。特にV字電極を持つイリジウムプラグは火炎核の安定性には定評があり高出力・高過給エンジンをはじめ、エコドライブに興味がある方にもお奨めできます。

■車両負荷軽減によってノッキング防止

1,積載状態の見直し

過積載は禁物です。常にエンジン負荷が大きい状態で走行を続けると過熱しすぎてノッキングが慢性的に発生してしまう可能性があります。

このようなノッキングのおき方が一番危険でエンジンブローやオーバーヒートにつながり易いので過積載やエンジン負荷の高い状態で走行をしているときにノッキング音が出る頻度が高いと要注意です。

■車両側修理でノッキングを修理・改善

エンジンの不調と共にノッキングが起きだしたり、オクタン価の適正化をした後で高負荷でもないのに慢性的にノッキング音が出ている場合には何かしら異常が起きていると思われます。こうした場合は恒久的な修理によって改善するしかありません。

1,空燃費補正を修正する

自動調整でない場合には空燃費を濃くしてやることで解消できます。自動調整でも社外品の空燃費補正システムなどを使用すれば調整可能です。しかしながら空燃比の問題はECUの可能性もでてきます。

自動調整式の場合センサーからの情報で補正しておりノッキングに関係するほどの補正量不足と言えば吸入空気量センサーか吸気管圧力センサー、または水温センサー、O2センサー(A/Fセンサーも)くらいまででしょう。

基本となるクランクポジションセンサーも念のため候補。あとは診断システムや電気に関する基礎知識が必要なのでここでは書きません。

2,点火時期を調整する

自動調整でない場合は点火時期がずれてしまうことは十分考えられます。大した高負荷でもないのに慢性的にノッキングが起きる場合は疑わしいです。

自然にずれてしまうことは考えにくいのでディストリビューター付近を修理したり、脱着した場合は確認した方が良さそうです。進角側にずれてしまうとノッキング音が出やすくなってしまいます。

カムシャフト回転方向と逆方向が進角、回転方向が遅角方向なので最初の位置をマーキングして調整して試運転を繰り返せば個人でもできる作業です。

3,進角制御システム異常

エンジン負荷によって進角、遅角を行うシステムの異常でもノッキングが起きる可能性があります。このシステムは例えばトヨタのVVT-IやホンダのV-TECなどが可変バルブタイミング機構といい、それにあたります。

もう一つはノックコントロール系の異常これはノッキングが悪化する原因とはならず燃費悪化の原因となりますが一応制御系等ということで。

このように進角機構やセンサーに異常がある場合は分解整備というよりもほとんど(9割がた)部品交換のパターンなので整備工場に任せてしまった方が無難でしょう。