This page:自動車メンテナンスDIY9 TOP > 自動車メンテナンスの知識 > タイヤの点検と解説

タイヤの点検と解説


スポンサードリンク

ロープロタイヤのメリット・デメリット

ロープロタイヤ(ロープロファイルタイヤ)とは何か?装着の利点、欠点について。

■ロープロ(ロープロファイル)タイヤとは

ロープロタイヤとはロープロファイルタイヤの略で断面の低いタイヤの事を指します。すなわちタイヤを横から見たときにタイヤのサイドウォールが薄いものをロープロファイルタイヤといいます。偏平タイヤと呼んだりもします。=偏平化

タイヤメーカーでは偏平率55以下のタイヤをロープロタイヤとしているようです。偏平率55からはタイヤのリムガードが付くなど、構造が若干異なりますが、それをメーカーが統一しているかは不明です。


■ロープロタイヤの利点・欠点と効果

ロープロタイヤの利点(メリット)は?

タイヤをロープロファイル化することによって得られるメリットはまず、サイドウォールの変形が抑えられること、トレッド(タイヤ設置面)の高剛性化によるコーナリング性能の向上です。私は80→50に換えましたが別の車になったような変化がありました。

さらにハンドリングの応答性の速さ、高速直進時の安定性向上、制動力・駆動力の絶対性能の向上が見込めます。(制動・駆動力に関しては接地圧と接地面積の関係で一概には言えません。適度なロープロ化で向上します)

もう1つ重要な利点ですが外観・美観の向上と言う面です。ローダウンと同時に行うとバランスが取れてかっこよく見えます。むしろこちらをメインにロープロタイヤに変更する場合が多いと思います。そのような場合は「インチアップ」という言葉を使うのが一般的です。

インチアップの時にはタイヤ外径を純正時から変化させないようにインチアップした分だけタイヤをロープロ化(薄く)して外径をそろえる必要があるので必然的にタイヤのロープロ化が行われます。

ロープロタイヤの欠点(デメリット)は?

ロープロタイヤにすることによってメリットばかりが生まれるわけではありません。まず価格が高くなるので経済的には嬉しく無い状態です。ワイド化してもタイヤの減りが遅くなるわけでもなく場合によっては磨耗が早くなるときもあります。

また剛性が高くなるため路面のギャップによる衝撃がドライバーに伝わりやすく乗り心地が硬くなり、悪く感じられます。またタイヤがワイド化するためロードノイズ(パターンノイズ)を拾いやすく静粛性も損なわれ、うるさく感じられます。

他にはサイドウォール部分に厚みがなくなるためその分タイヤ内部の容積が小さくなります(タイヤを太くした場合でも大抵は)そうするとパンクから走行不能になるまでの時間の猶予が少なかったり、簡単にホイールにダメージが入ってしまうというデメリットもあります。

保安基準は厳守!確かめましょう

一時期の規制緩和で、ギリギリはセーフ的な考え方も一部では恒例化していたようですが、これからの時代はおそらく厳しくなる一方でしょう。ロープロファイル化=インチアップで怖いのはタイヤのはみ出しです。

少し出ている位では止められて違反切符を切られることはまず無いとは思いますが。そんなことに関係なくタイヤのはみ出し等は購入時に販売店に念を押して確認しておきましょう。

せっかく購入したホイール&タイヤが保安基準に不適合で車検に通らないモノだったら気分が悪いことこの上ないですよね?

利点と欠点の感じ方について

以上の利点と欠点はほとんどの車が同様に感じられる共通の症状ですが、車によって感じ方の強弱は異なります。車のサスペンション性能などにも大きく左右されますし、元に履いていたタイヤの性能や状態にもよります。

例えばセルシオなどの高級車では元から乗り心地がかなり良いため、多少ロープロ化したところで乗り心地が悪いとか、うるさいと感じないかもしれません。

元々スポーツカーでロープロタイヤを装着していれば過剰になり利点は感じられず欠点だけ大きくなる可能性もあります。タイヤワイド化を伴うので車検に通らなくなる可能性もありますので心配ならば、専門店の知識を借りて行いましょう。

edit